ニキビが治らない人の失敗パターンとは?

投稿者:

ニキビが治らない人は、日常生活の中で共通してある失敗をしている場合が多いです。
洗顔の仕方や、ニキビが出来た時の対処法など、あなたのやり方は本当に正しいですか?
特によくありがちな失敗パターンとその改善法を紹介しますので、なかなかニキビが治らない人は今日から試してみましょう。

ニキビ 治らない

「何をやってもニキビが治らない!」

とお困りのあなたへ。
(画像38挿入)
それってもしかしたら、ニキビが治らない人の失敗パターンに当てはまっているからかも知れません。

ニキビが出来た時、ついついこんな失敗をしていないか確認してみて下さい。

①熱いお湯で洗顔or水だけで洗顔
(画像39挿入)
洗顔の際、お風呂と同じような熱いお湯を使うと、肌のバリア機能を果たす必要な皮脂まで取り除いてしまいます。
バリアがなくなった肌は乾燥してしまうので、その乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌し、ニキビが治らない原因となります。

かといって、「肌に必要な皮脂は洗いすぎてはいけない」と考えて水洗顔をする人もいますが、実はこれもNG。

やはり水では脂を落とすことが出来ませんし、泡のクッションがないことで知らずに肌をこすってしまい、ニキビへの悪い刺激になってしまいます。

洗顔をする時は、ほんのり温かいと感じる程度のぬるま湯(32℃くらいがベスト)を使い、自分の肌に合った洗顔料も使うようにしましょう。

②ニキビができたら薬を塗ればいい
(画像40挿入)
ニキビの治りを早くしてくれる薬や化粧品は確かにありますが、それで今あるニキビが治っても、また次のにきびが出来ます。

ニキビを治すことも大切ですが、それと同時に新しいニキビを増やさないようにするスキンケアがとても重要になります。

ニキビの炎症を抑える専用のケア用品を使いつつも、ニキビの根本原因であるインナードライ肌や毛穴奥の汚れに効く基礎ケア用品を日々使うようにしましょう。

ニキビが治らない悩みから少し発想を変えて、ニキビができにくい肌作りを目指すことで、肌環境が整うので結果としてニキビや肌荒れも早く治るようになりますよ。

③ニキビのことばかり考えてしまう
(画像41挿入)
ニキビが一つ出来るだけでも、鏡を見るたび憂鬱ですし、周りの目などが気になってしょうがないですよね。
そしてニキビを治すことばかり考えてしまう、、、。
でも実は、それがニキビが治らない原因だったって知ってましたか?

ニキビを見つけるたびに「ああ、またニキビが出来てる、、、」と思ってしまうこと自体が、知らないうちにストレスになっているんです。
ストレスはホルモンや自律神経のバランスを崩し、ニキビや肌荒れの原因となります。

つまり、ニキビができる→それが気になりストレスになる→ストレスは体の調子を悪くする→ニキビが出来やすくなる、、、という悪循環に。

こうならないために今すぐできることは「ニキビを気にしすぎないこと」です。

そんな、、、ずっと悩んでるニキビを今さら気にしないなんて無理だよ、、、。
こう思うかも知れませんが、ちょっと考えてみて下さい。

あなたが普段そんなに苦労している治らないニキビ、他の人も同じように悩んでいるのではないでしょうか?
ということは、何もあなたに出来たニキビだけが特別ではないんです。
ニキビはみんなにとっても日常茶飯事ですので、他人のニキビまで気にする人ってほとんどいないのが現実です。

あとは、ニキビに対するあなたの意識を少し変えるだけでOK。
例えばおでこにニキビが出来たら、「確かおでこのニキビの原因は○○だから、最近の食事でこの栄養が不足していたんだな。来週からは献立を少し考え直して、あのスキンケアも取り入れてみよう。」

こんなふうに対策を考えたらあとは実行するのみで、深く考えないことが一番ニキビに効果的です。

こちらのサイトでは、ニキビの場所別の原因や、正しいスキンケアの方法についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さいね(^^)